2015年11月25日にアインシュタインの一般相対性理論は誕生100年を迎えます。
これを記念して全国15箇所で市民講演会を開きます。

(一般相対性理論誕生100年記念市民講演会 URL: http://www.gw.hep.osaka-cu.ac.jp/Gmunu100/index.html)

広島会場では以下の日程で市民講演会を開きます。最先端の宇宙や重力に関する研究
についてふれることができます。ぜひご参加ください。

広島会場
日時:2015年11月7日(土) 13:00-16:00 
場所:広島大学東広島キャンパス 理学部E002
プログラム

13:00〜14:00 中村卓史 (京都大学大学院
“中性子星とブラックホール”
14:10〜14:30 高橋弘充 (広島大学大学院 CoreU)
“人工衛星や大気球の観測から探る相対論”
14:30〜14:50 岡部信広 (広島大学大学院 CoreU)
“アインシュタインと重力レンズとすばる望遠鏡”
15:00〜16:00 川村静児 (東京大学宇宙線研究所)
“重力波:アインシュタインの奏でる宇宙からのメロディー”

担当: 小嶌康史(広島大学) [ポスターpdf]

facebooktwittergoogle_plusmail